IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナウイルス感染症まとめ

最新情報

主要ニュース

関連ニュース: 国内 生活

国内の発生の状況

感染状況を判断するための6つの指標

医療体制の負荷状況

世界の発生状況

海外のニュース

もっと見る

厚生労働省などの発表

自治体からの情報

新型コロナウイルス関連のお知らせを掲載しています。

地域を選択すると自治体からの情報を確認できます。

都道府県選択

市区町村選択

の情報

関係団体への寄付による支援

デマ情報や便乗詐欺への注意

便乗詐欺や誤認させる広告にも注意を

感染の拡大に伴い、マスクの配布や給付金に便乗した詐欺の電話や、商品を勝手に送りつける悪徳商法などが相次いでいます。
正確な情報に基づいて冷静に行動するよう、消費者庁や国民生活センターが注意を呼びかけています。

主なファクトチェックサイト

これらの団体では、国内外の不確かな情報についての検証(ファクトチェック)を行った結果を公表しています。

デマに惑わされないための心構え

今後デマに惑わされないようにするためには、ウイルスのように実態が見えないものへの不安の管理が不可欠です。

第3波対策

「第3波」関連のニュース

新型コロナの「第3波」とは?

11月に入って以降、急激に上昇している波が「第3波」と呼ばれています。政府は定義づけはしていませんが、「3回目の大きな流行」が来つつあるとの認識は示しています。

(第3波は)幅広い地域、幅広い年代層に感染が広がったのが特徴です。例えば東京都では、職場や学校、会食などで感染した人が家庭内に持ち込んだとみられる「家庭内感染」が最も多い感染経路となりました。

【Q&A】新型コロナの「第3波」とは?(THE PAGE)

症状がなくても他人に感染させることはある?

新型コロナで注意すべき点の一つは、自分が感染していることに気づかないうちに他者にウイルスを移してしまう危険性があることです。とくに発症する2日前から1週間が感染力の強い期間と見られているため、自分も感染しているかもしれないという意識を持って行動しましょう。

日常生活の注意点

感染リスクが高まる「5つの場面」とは?

政府の分科会は、感染拡大を防ぐために、感染リスクが高まる「5つの場面」を避けるよう呼び掛けています。

冬場は感染しやすい?

気温や湿度が低いほどウイルスは広がりやすく、また、冬場は屋内での換気が不十分になるため、感染が広がりやすくなると言われています。

冬の感染対策で気をつけることは?

感染拡大を防ぐには、密集・密接・密閉の空間を避けること、マスクを着用すること、手洗いをすることが大切です。

また、気温が低下すると、屋内での換気が不十分になり、感染が広がりやすくなります。冬でもこまめに換気するようにしましょう。

インフルエンザとの同時流行に注意

新型コロナウイルスの感染拡大が収束しないなか、冬場はインフルエンザの流行も心配されます。どちらにもかからないようにするためには、インフルエンザワクチンの予防接種を受けることも重要です。

飲食店で気をつけるポイントは?

年末年始は会食の機会が多くなりますが、飲食店は人と人が密に接触しやすい環境で、さらにマスクを外して会話や飲食を行うことから、感染リスクが高いとされています。飲食店を利用する際は、以下の「会食時の注意点」に配慮しましょう。

旅行で気をつけることは?

旅行などで人の移動が増えると、感染拡大のリスクが高まるおそれがあります。時期や目的地のリスクを検討し、安全に配慮した計画を立てましょう。

【旅行で考えておきたい7つのポイント】 1. 行く時期を分散化する 2. 旅行の1〜2週間前から感染リスクの高い行動を取らない 3. 飛行機で行くような旅行、海外旅行はなるべく避ける 4. 旅行の種類も考える 5. 観光地では1~2mの距離を空け、3密を避ける 6. 屋内イベントは5つの条件からリスクを評価 7. 地元再発見の旅から始めてみては?

夏休みの旅行はどうすべき? 新型コロナ時代の旅行で考えておきたい7つのポイント(BuzzFeed Japan)

職場での感染拡大を防ぐには?

職場でのリスクが高いのは「体調が悪くても出勤する」ことです。発熱だけでなく、咳や喉の痛み、味覚障害があったりしたら職場へ行かないことを徹底してください。

また、狭い場所での会議や、飛沫がつきやすいものの共有は避けるほか、休憩室での飲食や会話、ランチや懇親会などの場面は感染リスクが高いので、十分な対策を行ってください。

受験生の感染対策はどうしたらいい?

受験生の世代では、家族内での感染が多くみられています。家族も忘年会や新年会を避けるなど、家庭にウイルスを持ち込まないようにすることが大事です。受験前の1~2週間はとくに気をつけましょう。

予防について

感染を防ぐには?

感染拡大を防ぐには、密集・密接・密閉の空間を避けること、マスクを着用すること、手洗いをすることが大切です。

正しい手洗いの方法は?

石けんと流水による手洗いを行うことが最も重要です。手指に付着しているウイルス量は、流水による15秒の手洗いだけで1/100に、石けんで10秒もみ洗いし流水で15秒すすぐと1/10,000に減らすことができます。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

マスク着用は効果的?

マスクを着用することは感染拡大防止に有効であることが確認されつつあります。また、マスクを着用していた場合、感染したとしても体内に入るウイルスの量が少なくなるため、重症化を防ぐ効果があるという報告もあります。

フェイスシールドは効果的?

これまでの研究から、マスクに比べると、フェイスシールドやマウスシールドの飛沫拡散防止効果は低いと考えられています。マスクを着けられない事情がある場合を除き、人との距離が近い場面ではマスクを着けたほうがよいでしょう。

家庭内で感染させないための注意点は?

自分や家族に風邪の症状がある場合や、すでに新型コロナウイルスへの感染が判明していて自宅療養をする場合は、以下の点に注意してください。

ご家族、同居されている方は、既に感染している可能性もあります。感染者の症状が軽快してから 14日間経過するまでは、健康状態を監視することをお勧めします。職場や学校に行く時など外出する際はマスクを着用し、こまめに手を洗ってください。

厚生労働省│新型コロナウイルスの感染が疑われる人がいる場合の家庭内での注意事項(日本環境感染学会とりまとめ)

消毒を意識しておいた方がいい場所は?

ドアノブなど、頻繁に触れる物は、手指を顔にちかづけやすい利き手を使わず、反対側の手でさわるようにしましょう。 また、オフィスや店舗、施設など、多数の人が利用する施設では、消毒用アルコールなどを用いてドアノブや照明のスイッチ、電話などを定期的に消毒するようにしてください。

新型コロナウイルス、情報が届きにくい方(子ども・外国語話者・視覚/聴覚障害等)のサポート・不安のケア(鈴木悠平)

家庭用洗剤で消毒できる?

家庭用洗剤に含まれる界面活性剤で新型コロナウイルスが効果的に除去できます。 経済産業省は効果が確認された界面活性剤が使われている洗剤のリストを公開しました。

● 身近なものの消毒には、台所周り用、家具用、お風呂用など、用途にあった「住宅・家具用洗剤」を使いましょう。 ● 安全に使用するため、製品に記載された使用方法に従い、使用上の注意を守って、正しく使いましょう。 ● 手指・皮膚には使用しないでください。

経済産業省│ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう(PDF)

消毒剤の噴霧に注意

WHOや厚生労働省は、消毒剤の噴霧は人の健康に有害になり得るとし、推奨していません。

人の眼に入ったり、皮膚に付着したり、吸入されたりするおそれのある状況での空間噴霧をおすすめしていません。(空気や環境の表面の除染方法として有効かつ安全な噴霧が科学的に証明された事実は確認されておりません。)

厚生労働省|消毒剤の空間噴霧について

病気や症状について

どうやって感染するの?

一般的な感染ルートには「飛沫感染」と「接触感染」があります。

なお、閉鎖した空間では、咳やくしゃみだけでなく、会話による飛沫でも感染を拡大するリスクがあるとされています。

 「飛沫感染」とは: 感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つばなど)と一緒にウイルスが放出され、他の方がそのウイルスを口や鼻などから吸い込んで感染することを言います。  「接触感染」とは: 感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスがつきます。他の方がそれを触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触ることにより粘膜から感染することを言います。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A

このほか、例えば「換気の悪い閉鎖空間で、運動や歌唱により感染性のある人の呼吸が荒くなる場合」など特定の条件下では空気感染も起こる可能性があることがわかってきました。

症状が無くても感染源に

新型コロナの特徴として、症状が出る数日まえから直前の無症状の時期にノドで増殖するウイルス量がピークに達し、感染していることを知らずに人にうつす場合があることが知られています。二次感染例(誰かからウイルスをもらって感染した人)の約4割の感染源は、発症前の無症状の感染者だと推計されています。

鍵は家庭の外にある 新型コロナの家庭内感染を防ぐには?【#コロナとどう暮らす】(坂本史衣)

「濃厚接触者」の定義は?

感染していることが確認された方と接触した「距離」や「時間」によって決められています。

必要な感染予防策をせずに手で触れること、または対面で互いに手を伸ばしたら届く距離(1m程度以内)で15分以上接触があった場合に濃厚接触者と考えられます。 新型コロナウイルス感染者から、ウイルスがうつる可能性がある期間(発症2日前から入院等をした日まで)に接触のあった方々について、関係性、接触の程度などについて、保健所が調査(積極的疫学調査)を行い、個別に濃厚接触者に該当するかどうか判断します。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A

初期症状は?

新型コロナウイルス感染症の初期症状は風邪やインフルエンザと似ています。風邪は、微熱を含む発熱、鼻水、鼻詰まり、ノドの痛み、咳などの症状がみられることが多く、またインフルエンザも風邪と似ていますが、風邪に比べると高熱が出ることが多く、頭痛や全身の関節痛・筋肉痛を伴うことがあります。 しかし、風邪やインフルエンザが新型コロナのように1週間以上続くことは比較的稀です

新型コロナ 典型的な症状、経過、重症化のリスク、後遺症について(忽那賢志)

新型コロナと風邪、インフルエンザとの症状の比較(オーストラリア政府啓発資料より)◎:頻度高い、◯:よくある、△:ときどきある、×:稀

嗅覚異常や味覚異常がみられることも

3月以降、新型コロナ患者では嗅覚障害・味覚障害を訴える患者さんが多いことも分かってきました。 イタリアからの報告によると新型コロナ患者59人のうち、20人(33.9%)で嗅覚異常または味覚異常がみられたとのことです。 特に若年者、女性ではこれらの症状がみられる頻度が高いようです。

新型コロナ 典型的な症状、経過、重症化のリスク、後遺症について(忽那賢志)

緊急性が高い症状は?

厚生労働省は、軽症者や無症状者がセルフチェックの際に「緊急性の高い症状」に該当したときには、以下の窓口にただちに連絡することとしています。

・宿泊療養の場合には、宿泊施設に配置された看護師等
・自宅療養の場合には、各都道府県等の連絡・相談窓口

感染してもたいてい軽症で済むって本当?

実際に患者を診察した医師によると、感染者のうちの2割は入院が必要であり、5%は集中治療室に入らないと助けられないほど重篤化するとしています。また、悪化する際のスピードの早さが問題であると指摘しています。

悪くなる時のスピードがものすごく早い。本当に1日以内で、数時間で、それまで話せていたのに、どんどん酸素が足りなくなって、人工呼吸器を付けないと助けられない状況になる。それでも人工心肺をつけないと間に合わない、そういうことが目の前で一気に起こる。

「かかってはいけない病気」医師が口にする新型コロナの怖さとは(THE PAGE)

どんな人が重症化しやすい?

重症化しやすいのは、高齢者と基礎疾患のある方です。重症化のリスクとなる基礎疾患には、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、慢性腎臓病、糖尿病、高血圧、心血管疾患、肥満があります。 ※妊婦、喫煙歴なども注意が必要とされています

妊娠中に感染すると重症化しやすいか

妊娠中に新型コロナウイルスに感染すると、妊娠していない女性と比べて重症化する割合が高いことがわかっています。 また、妊婦が35歳以上、肥満、高血圧、糖尿病などの背景がある場合はさらに重症化しやすいことが報告されています。 本人だけでなく、周囲の人も妊婦に感染させないよう、感染対策を徹底しましょう。

治っても後遺症が残る?

新型コロナウイルス感染症から回復したあと、「体がだるい」「呼吸が苦しい」などといった慢性症状がでる場合があります。

各国の調査結果から、以下のような症例が報告されています。

・発症から100日以上経っても何らかの症状に苛まれる人がいる ・倦怠感や呼吸苦、胸痛といった症状が遷延しやすい ・集中力低下、脱毛などの急性期ではみられなかった症状が2~3割で報告されている ・嗅覚・味覚障害も遷延することがある ・肺や心臓に長期的な影響が残ることがある ・高齢者や基礎疾患のある人に多いが、若い健康な人でもみられることがある

新型コロナの後遺症 記憶障害、脱毛、集中力低下など様々な症状が明らかに(忽那賢志)

物に付着したらどれくらいの時間残るの?

医学雑誌に掲載された論文によると、新型コロナウイルスは空気中(エアロゾル)では3時間、残存していました。段ボールでは24時間後に残存が確認されなくなりました。

感染力が低下するものの、少なくともプラスチックの上では72時間(3日間)、物質上で残存できることになる。 ただ、新型コロナウイルスについては、まだ研究が始められたばかりで、どれくらいの時間、環境中に残存しているのか、はっきりとはわかっていない。

新型コロナ感染症:ウイルスはどれくらい長く物質上にいるのか~残存率低下の条件とは(石田雅彦)

原案:石田雅彦(論文『The NEW ENGLAND JOURNAL of MEDICINE』を参照して書かれた文章を元に作成) 画像制作:Yahoo! JAPAN

感染したかもしれないと思ったら

感染が疑われる場合

発熱や咳などの症状がある場合は、電話で、身近な医療機関(かかりつけ医)、または自治体が設置する受診・相談センター(地域により帰国者・接触者相談センターなど名称が異なることがあります)に相談してください。

画像制作:Yahoo! JAPAN

どうなったら退院できるの?

診断・治療について

PCR検査、抗原検査、抗体検査の違いは?

PCR検査と抗原検査は、「現在感染しているかどうか」を判定するために使われます。 抗体検査は、「過去に感染していたかどうか」を確かめます。 それぞれ検査の精度や判定までの時間などに違いがあります。

※1 「偽陰性」(ぎいんせい/実際は感染しているのに結果は陰性)の可能性もあるため、症状があるうちは自宅で安静に過ごしましょう。 ※2 唾液からの検査は発症から9日以内

※1 「偽陰性」(ぎいんせい/実際は感染しているのに結果は陰性)の可能性もあるため、症状があるうちは自宅で安静に過ごしましょう。 ※2 唾液からの検査は発症から9日以内

※3 現在感染の疑いがある方のための検査ではありません。 ※4 医療機関、検査キット販売元により異なります。個人での抗体検査を推奨するものではありません。

どういう治療をするの?

新型コロナウイルスそのものに効く抗ウイルス薬はまだ確立していませんが、これら退院された方々は、ウイルスによる熱や咳などの症状の緩和を目指す治療(対症療法)をうけました。具体的には、解熱剤や鎮咳(ちんがい)薬の投与や、点滴等が実施されています。また、肺炎を起こした場合は、酸素投与や人工呼吸等を行うこともあります。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

治療薬の開発は進んでいる?

現時点で新型コロナウイルスのために開発された治療薬はなく、既存の薬を使用して効果を検証している段階です。これまでの研究などで、2つの薬剤で治療効果が示されたほか、国内外でワクチンの開発が進められています。

ワクチンの開発は進んでいる?

ワクチンは感染拡大の収束への決定打となりうると考えられており、世界各国で開発が進められています。

日本政府はワクチン供給について複数の製薬会社と合意しており、「令和3年前半までに全国民に提供できる数量を確保することを目指す」としています。
具体的な時期や接種の流れなどはまだ決まっていませんが、費用をすべて国が負担することが検討されています。

回復者血しょう療法とは?

感染症から回復した人に血しょう(血液から赤血球・白血球・血小板などの成分を取り除いたもの)を提供してもらい、抗体が含まれる血しょうを新たな感染者に投与する治療法です。

このたび新型コロナウイルス感染症に対する回復者血しょう療法の臨床研究が日本国内で承認され、安全性と有効性の検証が進められています。


生活・お金

生活への影響と工夫

接触確認アプリは使うべき?

「接触確認アプリ」は、スマートフォンにインストールしておくと、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるアプリです。

アプリの利用者のスマートフォンが互いに無線通信でやりとりして接触履歴を記録します。情報を匿名化するなどプライバシーに配慮した仕組みとなっています。
iOS版 (App Store)
Android版 (Google Play)

アプリで感染者との接触が通知された場合

このアプリを使うと、感染者と「過去14日間に」、「概ね1メートル以内で」、「15分以上の近接した状態」の可能性があった方のスマートフォンに通知が送られますので、自身が濃厚接触者になった可能性があることを、これまでよりも早く察知できます。  アプリの通知画面で、各都道府県の帰国者・接触者外来等の連絡先(帰国者・積極者相談センターの連絡先を表示する都道府県もある)などが案内され、スムーズに検査につながることができます。

厚生労働省|新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)

通知を受けた場合、検査は無料で受けられる

接触確認アプリで、濃厚接触した可能性を伝える通知を受け取った場合、希望者は全員無料でPCR検査などを受けられます。

イベント開催制限の緩和予定は?

政府は12日、大規模イベントの「収容定員の50%以内」などの人数制限について、来年2月末まで継続するとしました。

施設や店舗の感染防止策はどうする?

各業界団体が、業種別の感染防止のガイドラインを公表しています。

子どもの予防接種や健診どうする?

厚生労働省は、特に赤ちゃんの予防接種を遅らせると免疫がつくのが遅れ重い感染症になる危険性が高まるとして、予防接種と乳幼児健診は予定どおり受けるよう呼びかけています。受けそびれてしまった場合はできるだけ早く受けましょう。

布マスクの正しい洗い方は?

布マスクの正しい洗い方が公開されています。布マスクは1日1回洗うようにしましょう。

経済的な支援や行政手続きに関する情報

どんな支援があるのか探したい

Yahoo!くらしでは、新型コロナウイルスに関連する補助金や助成金、融資などの支援制度についてまとめたページを作っています。
Yahoo!ファイナンスでも特別融資の情報をまとめているほか、内閣官房や経済産業省にも支援制度をまとめたページがあります。

持続化給付金を受け取るには?

持続化給付金は2020年1月以降、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月がある中小企業や個人事業主が対象です。
下記リンク先の中小企業庁のページから申請できます。

雇用調整助成金を受け取るには?

雇用調整助成金は、労働者に対する休業手当の一部を国が助成する制度です。
事業所がある地域の都道府県労働局やハローワークへの申請が必要です。

電気・ガス代が払えなくなったら?

経済産業省は電気事業者およびガス事業者に対し、新型コロナウイルス感染症の影響により、料金の支払いが困難となる方々に対しては、電気・ガスの支払期日の延長など対応するよう要請を出しています。詳しくは各事業者にお問い合わせください。

健康保険や国民年金の保険料の支払いや、納税が難しかったら?

一定程度収入が減少した人は、国民健康保険料や国民年金保険料の免除・減免や、地方税の納税猶予を申請することができます。詳しくはお住まいの自治体へお問い合わせください。
また、国税の納付が難しい場合も、税務署に申請すれば納税が猶予される制度があります。

行政手続きができない場合の救済措置はある?

新型コロナウイルス感染症の拡大防止の観点から、3月に期限を迎える行政手続きの一部について、手続き期間が延長されています。

このほかにも自治体ごとの助成制度など、さまざまな支援があります。
下記のYahoo!くらしページからもご覧いただけます。

交通や海外渡航への影響

航空各社の運航情報

各航空会社が最新の運航情報や新型コロナウイルスへの対応についてまとめています。

全日本空輸(ANA) | 日本航空(JAL) | ジェットスター | ピーチ | スカイマーク | ソラシドエア | エア・ドゥ | スターフライヤー

日本人の入国制限を行っている国はある?

外務省が、日本人や日本からの渡航者に対して入国制限や入国後の行動制限を行っている国と地域の情報を発表しています。

海外への渡航前にPCR検査を受けるには?

経済産業省が、「TeCOT(海外渡航者新型コロナウイルス検査センター)」にて、ビジネス渡航者等がオンライン上でPCR等検査可能な医療機関を検索・予約できるサービスを提供しています。

国によって、求められる検査内容が異なるため、必要な手続きを早めに確認のうえ、検査を受けるようにしましょう。

入国制限の緩和の内容は?

政府は、10月1日から、原則すべての国と地域からの新たな入国を認めることとしました。対象はビジネス関係者やその家族、留学生などで、防疫措置を確約できる受入企業・団体がいることを条件とする、入国者数は限定的な範囲に留めるなどの制限があります。

なお、国や対象者によって対応が異なりますので、詳しくは外務省のサイトをご覧ください。

相談窓口

病気に関する相談窓口

厚生労働省や各都道府県が、一般の方向けの電話相談窓口を設置しています。


厚生労働省の電話相談窓口
電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
受付時間 9時00分~21時00分(土日・祝日も実施)
FAX受付 03-3595-2756

心の不調や心配事がある場合の相談先

新型コロナウイルス感染拡大やその影響で、心の不調や生活への不安を感じたときに相談できる窓口をまとめました。

生活に困ったときの相談窓口

事業者向けの資金相談

表示地域選択

現在表示されている地域

設定なし(全国の情報を表示しています)

現在地から設定

市区町村名から設定

都道府県選択